home
懇談会について
会長挨拶
入会案内
懇談会・総会案内
国際学会
速報
賛助会員
JILSの出版
これまでのお知らせ
ユーザーID
会員専用ページ
更新履歴
 
 

ニュース
   
  海外記事
   
  強光子場科学研究懇談会会員の緑川克美様(理化学研究所)の研究グループの研究成果が米国の科学雑誌『Physical Review Letters』(3月3日号)に掲載され、アト秒パルスのモード分解自己相関測定を行った結果を表す図はこの号の表紙を飾りました。


この研究成果は、
Y. Nabekawa, T. Shimizu, T. Okino, K. Furusawa, H. Hasegawa, K. Yamanouchi, K. Midorikawa, Phys. Rev. Lett. 96, 083901 (2006).
に発表されております。
  (2006年3月24日)